40代からのダイエットの知識

40代からのダイエットの知識

サイズを計って健康を知ろう!

日頃の不摂生がたたり、お腹もポッコリ出てきてという人も多いのではないでしょうか?近年の日本では糖尿病、高血圧のような生活習慣病の増加に伴う医療費の高騰もニュースになるほど社会問題となってしまっています。そしてこの生活習慣病の原因となっているのがメタボリックシンドロームです。通称メタボと言われるこの症状は内臓脂肪症候群とも言われていて内臓脂肪の蓄積と血糖、血圧、脂質の異常が重なっている状態となります。そんなメタボを改善、予防を目的とした検診が最近ではよく聞きますが、ではどうなったらメタボなのか?メタボ基準はまず内臓脂肪の蓄積を計るため、腹囲を計ります。男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、内臓脂肪の蓄積の判断基準とします。この他に中性脂肪150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満。最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上。空腹時血糖が110mg/dL以上。この数値のいずれかに2つ以上該当した場合、メタボとして診断されてしまい基準となります。他にもBMI(肥満度)も指数の一つとして取り入れられていてこちらは、体重kg÷(身長m × 身長m)=BMI(肥満度)で割り出すことが出来ます。日本ではBMI25以上で肥満となります。肥満だけではメタボ基準では無く指標としての数値ですが、この数値が大きい場合には健康だと思っていても毎日の食生活を見直す必要があるかもしれません。

 

ダイエットが必要な理由

国民調査、栄養調査では現代の40代の男女のメタボリック症候群の該当者、予備群は50%に達するほど、増えている状況です。メタボリックは意味が代謝という意味を持っており、メタボリック症候群は代謝の病的変化が同時に起こっている状態を表しています。メタボリック症候群自体は病気という事ではなく、生活改善が必要であるという目標値となります。放置しておくと、動脈硬化を引き起こし、重大な生活習慣病の症状を招く危険があることから診断されてしまうと生活習慣の改善を求められます。メタボリック症候群の基準が現在では腹囲、男性で85cm以上、女性で90cm以上、加えて血圧、脂質、血糖の異常がある場合に診断されてしまいます。以前に比べて、お腹が出てきた、血圧が上がったりという基準サイズ内の人でも内臓脂肪は徐々に蓄積していきますから、早めに生活改善を意識していくことが生活習慣病のリスクを低下させられます。またメタボリック症候群は内臓脂肪症候群とも言われており、腸の周りに蓄積した脂肪です。ただこの脂肪は皮下脂肪と違い、比較的減らしやすい脂肪でもあると言われており、内臓脂肪による肥満は努力が結果に結びつきやすいので、生活習慣を見直して栄養のバランスを保ち、足りない栄養を健康補助のサプリ等で補いながら日々のダイエットも継続して続けることで改善に向かう可能性が高いです。前向きに捉えるなら自身の努力は裏切らない症状と言えるかと思います。

 

年々変化していく生活習慣病の予備軍

欧米とくらべて日本は肥満と判断される人の割合は少ないと言われています。ですが欧米と比べて少ないとは言え、年々増加してきている状況です。肥満は健康被害を引き起こすリスクも高く、世界各国で改善と予防を目指しています。日本でも生活習慣病予防としてメタボリックシンドロームの検診が義務化されメタボという言葉で定着してします。現在の日本のメタボリックシンドローム該当者、予備軍の現状は該当者約960万人、予備軍約980万人となり、合わせて約1940万人と推定されています。年齢比率で見てみると、20代、30代では該当者数は10%未満、予備軍も25%と該当者の数が少ないのですが、年齢が上がるほど、該当者の割合が増えて、同じぐらいの割合となります。男性の該当者で21%、予備軍が24%となっています。女性も若い年代では該当者1%未満、予備軍2%ほどですが、40代を超えた年代からは該当者が予備軍を上回っており、女性の割合は、該当者10%、予備軍7%という現状です。また、今後、女性はメタボリックシンドロームの基準の一つの腹囲のサイズが90cmから80cmへと変わることも予定されていることから該当者、予備軍共に増えることが予想されます。メタボリックシンドロームはただ太っているということでは無く、血液中の脂質や糖質の異常がある状態ですので、肥満では無いという人にも注意が必要です。

 

>>>  ベルタ酵素口コミ

 

 

勘違いしやすいお腹のサイズ

仕事の合間の昼食で美味しいお店で食べるのが癒しになったり、休日のスイーツ巡り等、ストレスの多い社会では食はやはりとても良い娯楽でもあります。ただ、近年増加しているメタボリックシンドロームの特定検診に伴う、注意喚起もあって食事くらい好きなだけ食べたいけど、ウエストサイズが気になる人も多いかと思います。実際にメタボリックシンドロームの検診ではウエストサイズも判断基準の一つとなっています。このウエストサイズですが、厳密にはウエスト周囲経と言っておへその高さで測るサイズとなります。日本ではこのウエスト周囲経で内臓脂肪の蓄積を判断する目安としていて、男性で85cm、女性は90cmと基準されています。測定する際には空腹時に行うのが望ましく、姿勢を保って力を抜いて立ち、息を吐いた状態でおへその高さで水平に計ります。ウエストサイズとなると腰骨あたりで計ってしまいがちですが、おへその高さで測るとウエストサイズよりもサイズが大きくなることがわかります。この事から自分は基準内だと勘違いして検診の際に基準値を超えてしまっているということがある場合もあります。また、女性の基準値90cm以上という数値も来年以降は80cmへの変更も発表されており、今まで基準内だった人も該当してしまう場合が出てくるかと思います。ただ、ウエスト周囲経はあくまで内臓脂肪の蓄積を判断するものですのでこの基準を超えただけでメタボリックシンドロームとなるわけではなく、この他に血圧、血糖、脂質の3項目のうち2つが該当した場合にメタボリックシンドロームと診断されますのであくまで自分の健康の目安として捉えて、生活改善を意識することが大切です。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ